羽根野の株日記

パチンコ昔話6

スポンサーリンク

前回の続きになります。専門用語が出てくると思うので、興味のある方のみお読みいただければと思います。パチンコで数店舗の店で甘デジやハネモノで稼働していましたが、それも新台の入れ替えや釘が渋くなってきたりで、立ち廻りも厳しくなってきました。この時の月の収支も10万円前後しか稼げなくなり、またやり方を変えないといけないと思い、今度はパチスロの設定狙いでジャグラーを中心に立ち廻ることにしました。僕が行っていたお店はジャグラーのガックン狙いが出来たお店で、当時は対策もしていなかったので、子役カウンターとガックン判別でかなり精度の高い立ち廻りが出来ていました。ずっと貯メダルをしていたので、現金を使うこともなく少ないですが、毎月安定して1万枚ぐらいはプラスで勝てていました。稼働時間を伸ばせばもっと稼げていたかもしれませんが、この時の僕の年齢は45歳ぐらいで体力も落ちてきていますし、肩こりにずっと悩まされており、夜遅くまで稼働していくことが難しくなっていました。それに僕が使っていたお店は高設定でも6はなくて5をメインに使っているように思えました。換金は等価ではないですし、貯メダルとはいえ、期待値的にみてもジャグラーの設定5は時給にすればかなり安い立ち廻りになってしまいます。それが考えにあったので、高設定の確信があっても体調が悪い時は早く帰ったり、閉店まで稼働することはあまりしませんでした。このような中途半端な立ち廻りでも安定して勝てていたので、この立ち廻りを続けていくつもりでしたが、詳しくは書けませんが、ある事でお店とトラブルになってしまい、ほぼ出禁状態になってしまいました。これはかなり困りました。この時に数日間は稼働をやめて必死に店回りをして使えるお店や台を探しましたが、モチベーションもほとんどなくなってしまい、もう専業はあきらめて働くことを考え始めました。この時は少ないですが、まだ貯金も100万円ほどあったので、他の収入源を考えて始めた事がFXです。ただ全く知識も経験もなかったので、すぐにお金を減らしてしまい、この時にようやく働くことを決意しました。とにかくアルバイトでもいいので、すぐに見つけて働いていましたが、この時に株の事を知って興味を持つようになったので、デイトレを初めてみようと思い、朝からのアルバイトはやめて夕方から働く仕事を見つけて現在に至っています。これまでの人生で思ったことは、小さい時からもっと勉強するべきでした。特に大学を出てから就職した時は頭が悪いことで何度も恥をかいたことがあります。もうこの年なので後悔しても遅いですが、残りの人生は特に目標もないので、最低限の生活が出来てなるべくストレスのない生活を送ることが出来ればぐらいに思っています。このパチンコ昔話は今回で以上になりまが、今でもパチンコは好きなので、いずれ必ず行くことになります。その時はブログに記事にしたりユーチューブで配信出来ればと思っています。これまでお読みいただきありがとうございました

 

お読みいただきありがとうございました
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です